エッセイ童話

みかんのプライド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「どうしたんだろう。ふたが開かないな・・・。」

「きっと、忘れてしまったんだよ。」

「いやー、もう飽きたんじゃないの?どちらにしても、どうにかしてほしい。」

こんな会話を、

床下収納庫の中でおみかんさんたち。

「まったくこの家の人たちは考えてない。

 私たちを遠い九州から取り寄せ。 

 家族は3人でしょう?14キロは多いよね。」

「そうだよね!」

「初めは、”やっぱりおいしい”とか、”あまい”とか、

 喜ぶようなこと言って毎日私達の出番があったけど、

 今ではパタッと出番がなくなった。」

おみかんさんたちは、

どうにかして家の人に自分たちの存在を知らせなくてはと、努力した。

例えば、悪臭を出すこと。

「そうだね。せっかく選ばれてやってきた私たちだもの。」

「このまま老いてしまうのは、

 あまりにもプライドがゆるさない。」

「ところで、だれかその”知らせ”をする役割を・・・。」

「体の大きいあなた。」

そして、

「じゃあ、いつもべたべたくっついてる君は。どう?」

「イヤぁ・・・ ちょっといやだな。」

そのとき・・・

「私はどうでしょう?」

シワでおおわれた、おみかんさん。

「ありがたいのですが、

 そこまでシワが多くなると、匂いどころか、カビさんもつかない。 

 ですから匂いは期待できない。」

おみかんさんたちは、まわりでクスクス。

そのとき、 

”プチっ“

となりにいた、まだ生き生きしたおみかん。

「なんだか体が無性に痒く、変です。」

”ぐじゅぐじゅ、ぐじゅぐじゅ”

「とうとう、私の出番でしょうか・・・

 お役に立つ時がやってきました。

 私がします。」

「やっぱり、見た目が若いといいね。勢いが。」

みんなは、

「おねがいしまーす!」

「おねがい!」

そのおみかんは、

みるみるうちに、

からだじゅう、グジャグジャ。

しかし、 

匂いはみんなが期待したほど出ません。

おみかんさんたちは、ガッカリしてしまいました。

「・・・。」

「お役に立てなくて、ごめんなさい。

 私の力不足です。残念。」

「いやがんばった。

 収納庫の生活が長かったからしかたないよ。

 匂いも、うすれてしまう。」

「ガッカリしないで、ごくろうさまでした。

 ゆっくり休んでね。」

おみかんさんたちは、

「何かよい方法は・・・。」

すると、どこからともなくが声が。

「とうとう、私の出番が来たようで。」

「だれ? 今のだれ?」

「だれ? だれ?」

「ここですよ。

 でも、みんなには今、見えてないでしょ。

 ”みかんジューススリー”を使うんです。」

「えー、使ったことない!」

「簡単です。からだの中心に気持ちを集中させて。

 肝心なのは、届けたいひとの名前を叫んで、

 ”とどけー とどけー とどけー”と言い、心から願う。そして、“カチャッ“。完了。」

「ところで、“カチャッ”てなあに?」

「鍵をかけたの。“とどけ”がもれないように」

「そっか、わかった」

「ただ、水分が出てしまいますから、寿命は多少短くなります。

 そして送られてきた人は、

 ちょっと胸が”ズキン”としますが、

 病気ではありません」

「あなたは、なぜそんなこわいことしたの?」

「それは、あなたたちと一緒で忘れられたのです。

 でも、そちらのほうがずっとうらやましい。
 
 仲間がいるからね。

 わたしは ひとり。

 さあ、私はだれでしょう。

 私は、お供えの上にいます。」

「ああ~」

「ああ~ あ~!」

「ひどいものですよ。
 
 最初はとりあえず、”代役”ということで、

 そのうちに、枝と葉のついた若い子が来ることになっていました。
 
 でも、忘れられたということですね・・・このまま。

 忙しいから。
  
 私がやってみますよ。 

 みなさんの願いを叶えます。

 
 もうすぐ、鏡開き。 

 いやでも私のところに来ます、

 家の人が。
 
 その時です。私がんばります。
 
 みんなが、 ”すごい、まだみずみずしい!” と言ってくれるように、なんとか。
 
 私たちの威厳とプライドにかけて。」

「おねがい!」

「おねがい!!」

「がんばって!」

私たちもお供えさんだけに頼らず、

こうなったらみんなで念力で、

家のひとに私たちの存在を思い出させよう。

おみかんさんたちは、

「だれにとどける?」

「ママにしよう!」

「そうだね」

「よーし、いくよ!」

「大きな声で、叫ぶんだよ」

「マーマー!」

「とどけーとどけーとどけー」

“カチャッ”

完了。

努力の甲斐あって、見事に成功。

お供えさん ありがとう。

みかんジューススリー ありがとう。

ふたが開けられ、

「やったあ!」

 ”ああ、カビが出てしまった。

 でも、思ったより傷んでない”と、

テーブルの上に。

「すごいね、このおみかん。 

 2か月近く床下にあったんでしょ?」

と、マミちゃん。

「あまいかな。」

と、ママ。

「こんなシワクチャなの、

 食べても栄養になんないよ。」

と、パパ。

ママは、
 
「まだ食べられるので食べるわ。」

おみかんさんたちは、

その会話を聞いて、

いっきに老けてしまいました。

でも、テーブルの上にのせられ、

疲れ切った顔も、

どこか満足げです。

おわり

18

433p